スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

NetworkManagementCardの設定

長い間ほったらかしにしてたUPSをやっと設定する暇ができた。

仮想サーバなので必要なのは、Power Chute NetworkShutdown Enterprise 1node licese packというのを購入済みです。

マニュアルを見ると取り合えず最初にNMC(NetworkManagementCard)にIPを設定しろとあったので、付属CDを入れて、それっぽい「APC Device IP Configuration」を起動してみる。

が・・・ネットワークサーチで全然、見つけられない・・・

CDには付属マニュアルがあるので、「取り付け」を見ると、二種類設定があった。

クイック環境設定>コマンドラインインターフェイスへのリモートアクセス

これだとarpコマンドで設定でき以下のような感じ
arp -s 156.205.14.141 00-c0-b7-63-9f-67

「ん? MACアドレスは(・_・)?」

よく読むと、こんな風に書いてある。19
「MACアドレスについては、Network Management
Card の下部、またはこのパッケージに付属の品質保
証テスト票を参照してください。」

パッケージはもう無いし、カードをUPSに挿した後だと、もう読むことは出来ません。

「なんでやねん!」

仕方ないので、もう一度マニュアルを読むとシリアルポートからの設定できることがわかった。

クイック環境設定>コマンドラインインターフェイスへのローカルアクセス

さっそくシリアルケーブルで接続っと、UPCの背後に回り接続しようとすると・・・

「あれっ? ねーよポートが。 どうやって付けるんだよ(-_-メ)」

「はあ・・・面倒だ。」

といっていつもほったらからしで未設定のまま1年が過ぎたんで、今回は頑張ろう。

シリアル接続は、諦めてやはりARPでしよう。

ということでサーバを止めてNMCを抜いてMACアドレスを確認

下記コマンドで設定!
arp <設定したいIP> <カードのMAC>
ping <設定したいIP> -l 113

「ん? Request timeout・・・」

「なぜだ・・・・」

そもそもハード的にちゃんと認識してないのでは?
と思ってサーバ側のデバイスドライバを見るもエラーは無い。

しばらくあがいたが、どうにもならないのでAPCのサポセンに問い合わせると
BOOTPをサポートしたネットワークじゃないと、ARPを使ってもMACアドレスでは設定できないといわれた。

「なぜだ? 本当か?」

サポセンも平気で嘘(というか間違い)を付くんであまり信用はしてないが、とりあえずDHCPサーバ側の設定を変えてBOOTPもサポートに変更

そして再度arpコマンド!

「Request timeout・・・、かわらへんで!」


ARPでの設定は諦めて、再びシリアル接続を試みる。
というのも、さっきサポセンでわかったが、今時のUPSはシリアル接続といっても昔と違って、マイクのジャックみたいな端子になってるらしい。 そういえば、カードに小さな穴が開いていた。

シリアルといえばてっきり15ピンくらいのやつとばかり思ってたので、時代遅れの人間になってたようだ。

試みるといったが、付属ケーブルは既にどこにあるかわからない。
メーカから取り寄せるしかないんで、しばらく待つしかないな。

「いったいいつになったら設定終わるんだよ!」

スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

ShoEngineer

Author:ShoEngineer

人気ブログランキングへ
↑↑クリックお願いします!

相互リンク歓迎(^_^)
以下からご連絡を!

名前:
メール:
本文:

スポンサード リンク
楽天
検索フォーム
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。