スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

Windows8でアンドロイドデバイスを認識しない。

Windows8 Professional 64bitにアンドロイド開発環境を構築してGalaxyNote2で実行→OK

よし、次はNexus10だ。 実行→あれデバイスを認識していない??

う~ん、なぜ? ぐぐってみたところWindows8に関係する問題だった。

そうやらWindows8環境においては、デバイスドライバ自動インストールがうまくいかないみたい。
その為、自分で定義する必用があるようだ。


1、「デジタル署名の無いドライバをインストール」許可

カーソルを右上>設定>PC設定の変更>全般>PCの起動をカスタマイズするにある「再起動」

トラブルシューティング>詳細オプション>スタートアップ設定

この段階で、起動してるアプリはすべて閉じられ再起動するかのような動きをするが、その後、以下のような画面が出るのでF7で変更できる。

201303051521.jpg

これで起動後に、デジタル署名の無いドライバをインストール可能です。

※但し、もう一度起動するとこの許可は元に戻るので、インストール終了後に戻す必用は無いです。


2、VIDとPIDを調べる。

Windowsのデバイスマネージャーを開く。
アンドロイドデバイスが正しく認識されてないので、それが「他のデバイス」に「?」として表示されているはず。
詳細タブを見ると、以下のような表示部分がある。

VID_18D1
PID_4EE2

この例だとVID=18D1, PID=4EE2だ。


3、android_winusb.infの編集

android-sdks\extras\google\usb_driver\android_winusb.inf
を開いて、編集する。

[Google.NTamd64]と[Google.NTx86]を探して、その配下に其々下記を追加する。
VIDとPIDは、先ほど調べた値に置き換える。

;Google Nexus 10
%SingleBootLoaderInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_4EE2
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_4EE2

編集が終わったらデバイスマネージャーで、ドライバーの更新をする。
その際に「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選んで、編集したinfを指定。

※「デジタル署名の無いドライバをインストール」許可を行ってないと、この段階でエラー終了します。

「ドライバーソフトウェアの発行元を検証できません」と赤い警告アラートが出ても、無視してインストール

これで成功です!


※今回Windows8に関連するトラブルでしたがWindows7以前で認識しない場合はGoogle USB Driverのインストール確認等が怪しいと思います。


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

ShoEngineer

Author:ShoEngineer

人気ブログランキングへ
↑↑クリックお願いします!

相互リンク歓迎(^_^)
以下からご連絡を!

名前:
メール:
本文:

スポンサード リンク
楽天
検索フォーム
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。