スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

adbのリモート接続(要root化)

adbのリモート接続(要root化)

Nexus10で行いまいた。

USBでケーブルを繋ぐのは面倒・・・
ということで、いつもwifiですぐに繋ごうと思います。

その為には、まずポートを解放する必要がある。
そして、それは本体起動時にも、最初から解放しておかねばならない。

その為には、build.propに以下を記述する必要がある。
service.adb.tcp.port=5555

adb pull /system/build.prop ./build.prop
で、build.propをダウンロードする。
そして、これを開いて、一番最後にでもservice.adb.tcp.port=5555と追記する。

adb push build.prop /system/build.prop
でアップロードしてOKとはいかない・・・

failed to copy 'build.prop' to '/system/build.prop': Read-only file system
とこんなエラーがでた。

書いてある通り、/systemがRead-onlyなので、上書きできない。
ってことでread,writeがOKでマウントをし直してやる必要がある。

adb shell
mount
で、/systemのマウント先を調べる。

私が使ってるnexus10では以下の記述があった。
/dev/block/platform/dw_mmc.0/by-name/system /system ext4 ro~
「ro」と書いてあるからReadOnlyだ。

実行ユーザをsuにする。
su
→コマンドプロンプトが$から#に変わる。
この時にNexus10側に確認アラートが表示されるのでOKを押す。
これに気付かすに、なぜsuになれないと悩んだ(>_<)

そして、こんな感じ。
mount -o rw,remount /system

※mount -o rw,remount /dev/block/platform/dw_mmc.0/by-name/system /systemてな感じでちゃんとパスを再定義してもOKだが面倒だ。

再びmountコマンドで調べると以下のように「rw」になった。
/dev/block/platform/dw_mmc.0/by-name/system /system ext4 rw~

で、再びアップロードをしてみる。
adb push build.prop /system/build.prop

結果、エラー・・・・
failed to copy 'build.prop' to '/system/build.prop': Permission denied

そういえば、build.propのアクセス権限がいけないのかも
suでroot権限になってから、なんでもありの権限にしてしまおう。

chmod 777 /system/build.prop

で、再びアップロード!
adb push build.prop /system/build.prop

おっ今度はこんなメッセージでうまくいった!!
528 KB/s (2756 bytes in 0.005s)

再びsuで入り直して権限を戻しておく
chmod 644 /system/build.prop

これでadb kill-server, adb start-serverして
adb connect 192.168.0.6
あれっ拒否られた・・・

一応、アンドロイドを再起動してと。

もう一度
adb connect 192.168.0.6

うまくいった!
connected to 192.168.0.6:5555

adb devicesで確認すると、
List of devices attached
192.168.0.6:5555

これでもう二度とUSBケーブルはいりませんね(^^)



----最後に追記です。

andoroid 4.2(4.1だったかも?)で試した時は、最後にbuild.propの権限を644に戻さなくてもOKだった。

andoroid 4.2.2では、戻さないで777の状態でrebootするとandoroidが起動しなくなった。(これに1日近くはまった・・・)

andoroid 4.3では、mountをrwにしてもadbから抜けるとroに戻る為、adb pushで権限エラーになり諦めました。 adbに入ってからpushするにはどう記述すれば良いのでしょうか?

----
※adb devicesで複数対象がある場合は、以下のような-sオプションで対象を選ぶ。
adb -s 192.168.0.6:5555 shell

※devices一覧から除外した場合は、disconnectする。
adb disconnect 192.168.0.6:5555

※adb tcpip 5555とすると、build.propに書かなくてもつなげる。 しかしこれでは再起動したら繋がらなくなるが。

スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

ShoEngineer

Author:ShoEngineer

人気ブログランキングへ
↑↑クリックお願いします!

相互リンク歓迎(^_^)
以下からご連絡を!

名前:
メール:
本文:

スポンサード リンク
楽天
検索フォーム
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。