スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

中国からハングアウト

中国にいる人とGoogleのハングアウトで通話をしていると、切れた後、繋がらなくなる現象が発生。

VPNで日本に繋いでるので、GFWの影響は無いとおもっていたのだが・・・

で、調べてみると意外なことが発覚。

ハングアウトはGoogle+に関連するサービスなのでplus.google.comにアクセスする必要があるが、なぜかこれにアクセスできない。

通話開始時は出来てたのに、なんで今更と??と思っていたら・・・

わかりました。
今回の中国側利用者は、中国のGFWを回避する為、VPNで日本へ接続しています。
通常は、このVPN経由のインターフェースのDNSを利用して名前解決しています。

ところが、なんらかのタイミングでVPNが切れた場合、その間、そのDNSが利用できなくて、次点のDNSを参照にいっていた。
今回の環境では、インターフェースが2つあり、片方はVPN専用、もう片方は通常LAN用で中国のDNSが設定されている。

日本のDNSでplus.google.comの名前解決は問題ないIPアドレスが取得できるが、この中国のDNSでそれを行うと、PINGが返らないIPアドレスが戻されてしかも、そのLifetimeが物凄く長い(たしか8時間くらい)為、windowsに長時間キャッシュされてします。

ipconfig /displaydns
で確認しました。

こうなってしまうと、そのキャッシュの期間はずっと接続できません・・・・(>_<)

ipconfig /flushdns
でキャッシュをクリアしてやれば、すぐに接続再開できるのを相手に伝えて再開できたけど、こんなことを毎回するのは面倒だよ。

根本的に解決するのは難しい・・・なぜ、この中国のDNSはそんなIPアドレスを返すんだよ・・・・(-_-メ)

Hostsに書いてくしか無いのかなぁ・・・・、でもGoogleのIPってすぐに変わりそうだし・・・

スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

ShoEngineer

Author:ShoEngineer

人気ブログランキングへ
↑↑クリックお願いします!

相互リンク歓迎(^_^)
以下からご連絡を!

名前:
メール:
本文:

スポンサード リンク
楽天
検索フォーム
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。