スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

Office365のプランで何を選ぶ?

Office365を会社で導入する場合

Office365は、色々な契約プランがあるので、悩むことになる。
といっても、ある程度は限られるが、ぱっとみると非常にわかりずらい。

しかしブラウザ上だけ利用で十分だろうか? ブラウザ版はあまりにも機能制限が多しし使いずらい。 普通はデスクトップアプリもまだまだ必要になるはずだ。

であれな、選択肢は以下となる。
一般法人向け
Business
BusineePremium

あらゆる企業向け
ProPlus
Enterprize E3

BusinessPremiumやE3は余計な機能も満載なので、純粋に今まで通りOfficeを使いたいだけならば、価格の安いBusinessかPrpPlusとなる。

ここで問題なのが・・・・マイクロソフトのうっとしいところ。

一般ユーザはAccessなんて必要ない場合が多い。 ということでBusiness契約で良いと思うが、落とし穴がある。 なんとこれは300ユーザまでしか契約ができない。

300を超えると、必要がなくてもアクセス付きプランの契約を強制させられる。

ここで出てくる概念がテナントという。 1テナントで300ユーザまでとなる。 この300ユーザは、ProPlusとBusinessの混在でもかまわない。

しかし、実際に導入すると、この混在は非常に問題を引き起こす。 なぜから、365ライセンスはユーザーライセンスになるからだ。デバイスライセンスではない。

ということは、あるPCがありProPlusでインストールされていると。 Businessユーザーは認証が成功せず使えない。 普通は各自PCを持っているから問題ないように見えるが、Office365の良いところはユーザライセンスだ。 ということで共用PCや、一時的に外部持ち出し用に貸し出すPC等で、Officeを利用する場合もデバイス単位のライセンスではないので購入する必要はない。 ところがPrpPlusとBusinessと差異があった場合、インストールのやり直しになって実用的ではない。 しかもこのアンインストール作業がコントローラパネルから単純に行ったので失敗する確率が高いので、FixItや認証の取り消し等、面倒な作業になることが多々ある(とマイクロソフトのサポセンが言ってたし、何でもそういうパターンに遭遇もした)

便利なようで、不便も多いOffice365の仕様だ・・・


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

ShoEngineer

Author:ShoEngineer

人気ブログランキングへ
↑↑クリックお願いします!

相互リンク歓迎(^_^)
以下からご連絡を!

名前:
メール:
本文:

スポンサード リンク
楽天
検索フォーム
Lc.ツリーカテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。